明和電機が東京ラジオデパートに実験的店舗を展開予定(3/30~)

明和電機が東京ラジオデパートの2階に「明和電機 秋葉原店」「ラジオスーパー」「ラジオギャラリー」の3スペースを展開予定だ。オープンは2019年3月30日(土)とのこと。

今年に入って新店のオープンが続く東京ラジオデパートで、新たに明和電機の公式ショップがオープンすることになった。

「明和電機 秋葉原店」は「アートからマスプロダクトへ」をテーマに「アート」「オモチャ」「本」「音楽コンテンツ」などの商品を揃え、大ヒット商品のオタマトーンからレアやニッチなアイテムまで幅広く取り揃えるとのこと。

真ん中のブース「ラジオスーパー」は明和電機プロデュースによるレンタルスペースとなる予定。明和電機の公式サイトによると”「ラジオ」という言葉を「ラジカル(急進的かつ根源的)なオブジェ」と再解釈し、電気や機械のしくみをつかったユニークな商品を制作するクリエーターのみなさんが出店します”とのこと。

出店募集は2月15日から始まっているので本ページ下部の詳細情報から確認してほしい。レンタル料を払ってスペースを借りるA棚と、販売手数料を支払うB棚を選べるのが特徴的だ。

最後に「ラジオギャラリー」は「ラジカルなオブジェ」を展示するアートギャラリーとし、作品のコンセプトと併せて「どんなしくみで、どんな部品を使ってできているか」の解説や秋葉原のどこで部品が入手できるかも紹介されるそう。

近年ラジオデパートは店主の高齢化などで閉店が続き、開店している店がちらほらといった状態が続いていた。また電気・電子部品を販売する店舗から、パソコンなどの電子機器やジャンク品を扱う店舗に移り変わっているように筆者は感じていた。閑散としたラジオデパートの盛り上がりに明和電機の出店は朗報だろう。3月30日のオープンがとても楽しみだ。また社長ブログでは今回の出店にあたり、強い想いを記しているので是非読んで頂ければと思う。

最後に、明和電機の社長ブログでは次のように締めくくられている。
”世の中に「ラジオ(ラジカルなオブジェ)」がどんどん作られて、「ナンセンス(超常識)」なものが増え、人類の未来が、少しでも明るく和やか(=略して明和)になれることを期待しています。”

<詳細情報>
■店舗名:明和電機 秋葉原店、ラジオスーパー、ラジオギャラリー
■場所:東京ラジオデパート2階
■住所:東京都千代田区外神田1丁目10
■開店時間:10:00~19:00
■定休日:火曜日
■HP:(明和電機)https://www.maywadenki.com/
:(社長ブログ)https://www.maywadenki.com/blog/2019/02/13/明和電機ショップ、ついにオープン!!/
:(ラジオスーパー募集要項)https://www.maywadenki.com/cms/wp-content/uploads/c9289daa4252135e55aca59ff6591655.pdf
■Twitter:@MaywaDenki

The following two tabs change content below.
涼井です。通称とっしー。一部では殻割リスト(殻ワリスト、殻割りスト)と呼ぶようです。エゴサしにくいので統一して欲しい…。静岡在住です。